7 月と 8 月の1行日記  

6 月30日、アイランドセンターの公園って、どこの国かよくわからない雰囲気だな〜。六甲アイランドが、そもそも、そういうコンセプトで造られたのかな?
6 月29日、はるか昔のこと、ちょうど今時分に、左手の親指が紫色になった。お医者さんは切り落とそうかと、一瞬は思ったらしい。爪をはがして難を逃れた。
6 月28日、記念写真を撮影する。短焦点のシングルレンズは、焦点面が平らではないな〜、どこに焦点を合わせれば良いか、苦労する。逆に言うと面白い。
6 月27日、サツキを刈る。ともかく刈る。ハサミがナマクラになるまで刈る。枝抜きは後からじゃ、日没まで刈ってもまだ残りがある。何日か作業しないと。
6 月26日、立方体を削って球を得るとする。削りくずと、球と、どっちが重い?一瞬で説明せよ。ただし、頭から球の体積の公式を使うのは駄目。さて?!
6 月25日、ワイエルエムはワイエルエムである。物理を知る人ならばワイエルエムの洗礼は誰でも受ける。が、コレとファジーの関係を知る人はあまり多くない。
6 月24日、性を決定するのは性染色体の XX と XY の組み合わせである、と教科書に書いてある。磁性を決定(?)するのは XY と XXZ と Ising の差異である。
6 月23日、炭火を起こす時には、小枝や枯れ葉があると便利。雨で湿っていたら少々難義するけど、水の気化熱よりは燃焼による発熱の方が充分に大きい。
6 月22日、ランチョスさんって、ハンガリーで生まれた人だったのか。イタリア人だと、ず〜っと信じていた。一念発起、ランチョス法の解説を自主執筆しよか。
6 月21日、ミントが青々と茂っている。そういえば、石庭化計画は頓挫したままだな〜、また台車を借りて石を集めておこう、そのうち。除草よりラクチンか?!
6 月20日、理学に触れた経験がある政治家って、けっこうアチコチに居るけど、国政へと踏み出そうとする人がまた1人。そうなんですか、素粒子屋さんですか。
6 月19日、理工学に触れた経験がある音楽家って、けっこうアチコチに居る。シンセで有名なあの方とか、外国の某オルガニストだとか。音が放してくれなかった?
6 月18日、水素原子の話をする前に、まず換算質量から。それを言い始めると、シュレディンガー方程式も2体問題で書いて、変形して、ああ時間切れ。道のり長し。
6 月17日、開封した「そばつゆ」が、常温で何日保つか顕微鏡観察してみると面白い。意外と長い時間、細菌の繁殖が抑えられている。どうしてなんだろうな〜?
6 月16日、デパートでよく耳にする「カードをお持ちですか?」の言葉。あれ、実は労働の手間を増やし、かつ客に逃げられる原因ではないのだろうか???
6 月15日、今日の朝の大学は、とても静かだったな〜。ざっと見渡して、いつもの半分くらいの人口密度だったのではないだろうか。(あくまで私の主観ですよ。)
6 月14日、7年間、過酷な環境でたたんでいたパラシュートが奇麗に開く、あの材質は何なんや?いや、普通のカサも、使わずに置いておけば7年くらい保つのか?
6 月13日、「はやぶさ」で感動するんだったら、M-5 ロケットを何らかの形で復活しておくれ!たぶん、既に、そういう皮算用も始まってるはずなんだけど。
6 月12日、関西から一番近い国の新聞記事を見てたら、日中の小学校で起きた事件についての記述があった。そういう目で自国の社説などを眺めると近隣諸国のことが ....
6 月11日、今日は、とても天気が良い。夕暮れを楽しく過ごすなら、梅雨入り前のこの時期に限る。あ、そういえば夏至前のヨーロッパって行ったことないな〜。
6 月10日、丸い街灯で、上半分が銀色のもの。あれを写真に撮ると、魚眼レンズ風で面白いな〜と思って、アレコレと試行錯誤。なかなか全体にピントが合わないな。
6 月 9 日、陽気な水曜日の午後。草刈りの音が聞こえて来る。今の時期に刈っておけば、真夏にボウボウとなる背丈を相当おさえられる。ツル植物以外は ....
6 月 8 日、朝一番の講義のコマに試験を行なうと、常に交通機関の乱れに伴う遅刻リスクが生じる。今日は JR がストップ、こういう可能性は折り込んでおかないとね。
6 月 7 日、これから角運動量に入らないといけない。まず古典力学の角運動量から、よく復習してもらうことが大切ではないかと思う。その前に自分が復習。
6 月 6 日、最高時速 40 km/h の電車、なかなかヨイ。ああいうのが全国津々浦々にあったはずなんだけど、供出とモータリゼーションで激減。惜しいの〜。
6 月 5 日、近づいて来るものには、少しピントを近めに合わせておいて、バッチリの所にやって来た瞬間を目指してシャッターを押す。と思っても、よく失敗する。
6 月 4 日、量子力学で、オブザーバブルではない、つまりエルミートではない演算子が出て来ると色々な定理が破綻する。特に、べき零性を持ってるヤツは要注意。
6 月 3 日、x と p の交換関係だけから議論し始めて、p のシュレディンガー表示を得る厳格な議論はチト長い道筋となる。初学者には食わさないのが良いか。
6 月 2 日、エビをコテでジューッ。美味しい海老せんべいの、乾燥する前のものが出来上がり。これもイケる。自分で調理するには、まず生きた海老の仕入れが問題。
6 月 1 日、気がつけば、もう中間試験の季節になっていた。講義は半分だけ進んだんだろうか?後半で「あれも、これも」と、詰め込まないよう自戒を込めて。
5 月31日、合掌のポーズのまま、ググッと左右の手を押し合うのはアイソメトリック運動のひとつ。意外と、いつでも、どこでも筋トレできるもんだ。
5 月30日、赤いシッポの飛行機を見ると、いつもエビフライが空を飛んでいるように見える。あれは「商売揚がったり」という状態なんだろうか?
5 月29日、ああヘリコイドSがまたひとつオシャカになった。水道管補修用のテープで仮補修。今度からはDXの方で光学系を組むことにしよう。
5 月28日、講義から戻って来ると、メールがドカッと。どうせなら、週明けに届いて欲しかった。土日は深夜に働くことになるか?
5 月27日、図書館の仕事とは、書物を集めることなのか、それとも書物をなるべく集めないことなのか、さてどちらだろう?けっこう意味深。
5 月26日、組織を内側と外側の両方から眺めることは難しいものだ。内側に居る限り、外からみてどう魅力的なのか、よく理解できないのである。
5 月25日、乾いた強風、これは油断ならない。鉢植えも地植えも、うっかりすると葉が痛んでしまう。受粉が必要な作物が開花したら、処理が大変だろうな。
5 月24日、う〜ん、この論文な〜、面白いんやけど、中身もあるんやけど、人々が読めるようには書かれてないな〜、どう評価したもんやろ?と悩む深夜。
5 月23日、雨の日は ISO 感度 800 くらいでシャッターを切らないとブレてしまうな、手持ちの望遠では。広角レンズもまた、暗い日には弱い。
5 月22日、茶葉は、収穫したてをそのまま煎じても茶にならない。そのまま乾燥させると醗酵してウーロン茶になってしまう。煎ると番茶みたいになる。不思議。
5 月21日、空間反転とパリティの話を突如として板書で始めて、ふと思った。そもそも、空間の定義をハッキリさせないと、反転もヘッタクレも無いではないか。
5 月20日、大きなノリをパリパリと折って、食卓ノリのサイズにして、筒に入れる。味付けノリよりも、ずっと贅沢な美味しさ。ソフトクリームに乗せるぞ?!
5 月19日、量子情報理論とは何ですか?と問われたら「貴方が量子情報理論だと思ったものが量子情報理論です」と答えるしかない。実際にそうなのだ。
5 月18日、波数って1次元でもベクトル量なんですか?と問われたら、さあ、どうしようか。やっぱり、早々に三次元の話を持ち出すべきかな。
5 月17日、頭を冷やしてから物事の解決にあたる、これ大切なこと。有り難くコメントを頂くときには、しばし無視したかのごとく放置して、その後に ....
5 月16日、最近のデジカメ + ズームレンズの高性能化によって、昼間の京都タワーでは「上がった人」が見せ物になっているのではないだろうか?
5 月15日、青谷の辺りをずんずん山の方へと歩いて行くと、突如出現する南国リゾート風の建物あり。垂水にも同じような、立派な建物があったな〜。
5 月14日、三宮から東へと歩き進むと、突如として街が途切れる。西向きが兵庫辺りまで街を形成しているのとは対照的。街区東進という歴史の結果か?
5 月13日、ペンシルボーグをミニボーグ鏡筒に取り付けると、割と遮光が上手く行ってコントラストの高い写真が撮れる。途中を太くすれば良いのか、よし ....
5 月12日、午後は次々と来訪者あり。永らく番頭をやってる私は、ちゃんと歴史ある看板を立てて行かないとイカンな〜と一瞬思った。次の瞬間には?!
5 月11日、量子力学の講義は、どうも想定していた方向へと進まずに毎回脱線してしまう。解析力学の講義を受け持ってた事が伏線かな〜。来週も脱線だ!
5 月10日、やるべきこと多し、連休明け。締切が近いものから順番に処理して行く。しかし、締切の無い物事こそ大切にしたいのである、どうしたもんかな〜。
5 月 9 日、「いかるが」って何や?と調べてみると、根拠となる古文書の文献は有名なものがただ1つ、しかしそれも伝聞記録であった。うむ、長い歴史がある。
5 月 8 日、コイのえさは、あの長い麩じゃないとな。丸ごと池に放り込むと、熾烈な争奪がしばらく続く。昔は、あの麩に砂糖を塗った菓子もあったな。
5 月 7 日、夕方には天気が回復。夕空が見れるんだったら、撮影機材のテストの準備もしておくんだったと後悔。F値と焦点深度を体感しないとな〜。
5 月 6 日、量子空間の考え方が、おぼろげながら直感的にわかって来たぞ。色々な形をした古典多様体と量子力学の対応をつける為に、ああいう考えに至ったのか。
5 月 5 日、阪神間のどこへ行っても、だんじりの音が響き渡る、連休最終日の午後。明日は、どれくらいの学生たちがキャンパスに戻って来るだろうか?
5 月 4 日、ミニボーグ鏡筒って、黒い方が2つに分割できるんだ。ついでに、52mm から 57mm に変換するアダプタも売ってる。完全に沼にハマったな ....
5 月 3 日、ようやく、誘導電動機で発電する原理が直感的に理解できた。交流磁界という所がミソで、模型の戦車に入ってるような直流磁界ではダメなんだ。
5 月 2 日、サワラのたたき、という食べ方があるんだ。これは美味しい。カツオのたたきよりも好き嫌いが無い、万人向けの食べ物ではないだろうか。
5 月 1 日、噴火の一件、ようやく落着。お帰り便はスムーズに飛行した模様。こういう事もあるので、旅の路銀は充分に用意しておかなくてはならない。

3 月と 4 月の1行日記