★ スケーター・西野友年のページ ★

 スケーター「西野友●」の特徴

  才能がないのに小杉スケートで F2A コロネーションセットを仕入れて愛用している。
  乗り位置がおかしいので減速が速く、常に走っている。
  エッジに深く乗れないので滅多にゴリゴリいわない。
  バッククロスでトウをひっかける。
  スリーターンの跡が3の字にならない。
  スリージャンプを「またいで」しまう。
  年齢をわきまえずシングルジャンプに挑戦している。
  実は阪●スケート部を3日坊主で辞めた経歴がある。



スイスのスケートリンクでも、一度滑ったことがある。



【以下、前世紀に書いたコンテンツ】

スポーツは余り得意じゃないけど、滑る物だけは好き。ローラースケート(4 輪、 ブレード)、アイススケート、スキー。 見るだけだったら、ボブスレーも好き。 速いのも、もちろん面白いけど、助走中にコケたり、舵取りを誤って壁をスッ たり、なかなかドラマがある。人生、生まれ落ちた瞬間から奈落の底へ向かって 落ち続ける様な物である?! 最近では、頭もツルツルになってしもた。それでも、 タマには幸せなこともアルものだ、と、最近感じる。

★ ボプスレーとは?

 その昔、雪国のボブスレー村での習慣: 冬は昼から村の酒場で盛り上がって、 みんな出来上がった頃に「今日も、いっちょやるか〜?」「ゥオっす」という 掛け声とともにみんなで大型ソリを丘までひきずって、いっしょに谷底まで滑 り降りるというアブナイ遊びだった。これが原形。 (所どころ脚色アリ...)

★ 川岸土手レース

 学童期を過ごした家は、川の近くだった。10 メートル程の土手 は、下草が生えるスロープで、段ボールやトタン板に乗ると、下 まで一直線に滑るのだった。木曽の御柱祭のミニチュア版である。 横転することもあった。スリ傷が絶えない遊びだった。

★ 初スキーはスイス

 アイススケートから「滑り物」に入った私は、スケート派で「坂道の助けを 借りて滑るスキーなんて邪道」と思い込んで、スキーは頑なに拒んでいた。さ て、27 才の冬、スイスで 2 カ月滞在する機会があった。滞在中、一週間ほど スイスの山奥に宿泊することになった。ここでも、まだ「スキーなんて邪道だ」 と信じていたのだけれども、回りの人々が「西野君、せっかくスイスまで来て 目の前に雪原が広がっているのに、スキーしないなんて罪だよ」というので、 「まあ、みやげ話しの一つにもなるし、冥土の土産に一度くらいスキーしても いいか」と思ったのが運の尽き。一発で病みつきになった。

★ 滑降はテレビゲームで

 生身のまま滑降を楽しむ勇気も技術も無いけど、ゲームセンターのスキー シミュレーターはなかなか「ほんまモン」でええ。アドレナリンの分泌量は 終了後 10 分間は酔える程の物。斜面を限りなく直滑降する気分は、一度味 わうと病みつきに。それでも、ホンマにゲレンデで直滑降するのは止めてお こうと思う。ゲームで何回クラッシュしたことか....