(時々更新)

★ 航空会社が老人ホーム商品開発 ★

 墓マイレージ倶楽部、飽きない食、非時差ボケ。

★ 黒い 碁盤

★ こぶとり爺さん ★

 昔むかし、ある所に、少し太った爺さんが居ました。おしまい。

★ 夫婦 駄洒落 生活 ★ (1998.8.14 更新)

★ サルは木から落ちる ★

 サルも木から落ちる、というのが元ネタであるが、サル真似をやって
コケた者に向かって「テメェ〜、サルか〜」と突っ込む時に使うことわ
ざ。 (TPO をわきまえないと、喧嘩になるので要注意。)

★ 才能とは ★

 才能とは、1%の天性と99%の努力である

.....出来すぎた話しでクサイの〜 (少し讃岐弁風)

★ 似合ってる ★

 研究室に新しいコンピューターがやってきた。

 「このマシーン、私に似合ってるかしら?」
  --- 「あなたに好まし〜んじゃなくて?」

★ 2001 円 ★

 スーパーマーケットで、レジのお姉さんが「合計 2001 円です」
とおっしゃった。反射的に「2001 円、宇宙の旅」と言いながら
財布の中から一円玉を出したら、お姉さんの目が冷たかった....

★ 血液型 ★

 「あんた何型? 」---「A 型。お母さんは O型。」
 「親父さんは? 」---「やっぱり A 型。」
 「じゃあ、お爺さんは? 」
         ---「もう米寿でガタガタ....」 

★ 空いてます ★

 新幹線の自由席に座っていると、停車駅から乗り込んで来た方から
 「ここ、空いてますか? 」と聞かれる。「あ、居てます。」と断わっ
 た場合でも、何故かズケズケと座る人が居る。関東人に多い。

★ 国際センター ★

 インターナショナルな世の中、阿蘇山のふもとにも立派な「阿蘇
 国際センター」ができました。ここを訪れる外国人は、「あそこ・
 くさい・Centerは、ドコですか?」と地元の人に道を尋ねるとか。

★ 空海の功徳 ★

 生まれ故郷の讃岐では、今も空海 (=弘法大使) 思想が生きている。
 それは、一重に空海が西国を巡って、飢えた人々を救ったからであ
 る。道端にたたずむ人があれば、懐から握り飯を出して、「オレは
 空海、これを食うかい? 」と言って、人々を救済したと伝えられて
 いる。

★ 神の啓示 ★

 二十にして神より言葉を賜わった。
 主いわく「かみのけいじに努めよ」
 努めたが、30 を前にハゲてしまった。

★ サントリー ★

 サントリーは「鳥井さん」をひっくり返したもの、というのは
 大阪の常識。三ノ宮は「飲み屋さん」をひっくり返したもの、と
 いうのは神戸の常識。