「今晩のおかず、何がいい? 」
              --- 「にょたい盛り」
 「そう、イモリがニョタニョタね。」

--------------

 今朝、奥さんの前で「ぷ〜ぶぶぶ〜」とオナラをしたら、「これから
"ともリン" を "ぷ〜太郎" と呼んであげる」と言われてしまった。

  (翌朝「くまのプーさん」と改めさせようとするも、成功せず。)

 夕方のこと。「ともリン、なに座? 」と聞かれて -- ぷ〜太郎は、お
昼頃忘れたようだ -- とっさに「ヤクザ」と答える。へへへへ〜。

 また、ふと歌をうたえば、

 「赤い靴、履いてた、おんなの子
   奇人さんに連れられてイッちゃった〜」

 次の日の夕べには、

 「私が邪馬台国のヒ・ミ・コよ。」---「お邪魔だ〜い」

 そして

 「オレはフランス系ロシア人・アラン・カスケビッチさ !」
    --- 「このアララン・ドスケベッチ !!」