いきなり 数値くりこみ群法 
 
 例: 格子の上を飛び回る電子の波動関数 Ψ(i,j,.....)
                        
(電子の数はいろいろ)

   ○―○―○―○―●―○―○―○―●―○―○
           i       j

 系を左右2つの部分 A と B に区切って、それぞれの部分
 的な状態を | L 〉や | R 〉と書くと、波動関数を行列の形

   Ψ( X, Y ) ---- と書ける。
バカの一つ覚えで特異値分解する。

    → 大きな特異値 W( Z ) を残せば、
少ない自由度
     相手にしつつ、Ψ( X, Y ) を精密に近似できる。

応用例: (大学院生の研究成果の一つ)

    1 粒子の波動関数を
4 次元行列の対角化「のみ」で求める


←トップページに戻る