高松で「瓦せんべい」と言うと、それは「くつわ堂瓦せんべい」のことである。
それくらいなら知ってる県外人も多いのだけど、地元の人にとっては次の

  「宗家くつわ堂」( http://www.kutsuwado.co.jp/ )

  「くつわ堂総本店」( ←検索して探してください。 )

の区別は非常に重要である。進物に買い求める時には特に注意が必要で、心を込め
て持参したつもりでも、受け取った人の好みに合わなければ「私は○○の方が好き
なんだ。」と言われかねない。(もちろん、そう言いつつもボリボリと食べるんで
すけど、讃岐の皆さん方は。)「くつわ堂総本店」の方は明治初年の創業以来の伝
統の味と新作洋風焼き菓子が売りで、私も含めて根強いファンが多い。 「宗家
は明治 10 年に創業。総本店から分裂したという話を聞くけれど、真偽の程は良く
わからない。せんべいに押してある「田んぼ印」は共通しているから、屋号は同じ
なんだろう。宗家 の味は総本店に比べると軽めで、色々 な香りづけや多彩な品揃
えが特徴。キオスクなどでの外販量は 宗家の方が多いし、四国物産展などでお目に
かかるのも宗家。もっと詳細なレポート もネットに転がっているので、ぜひご覧下
さい。

 香川に帰省すると、私はいつも総本店の大瓦を買い求めている。本物の瓦みたい
に固いので (少し誇張アリ) 空手の演舞に使えるぞ!

← 日々ウマイ物巡りに戻る