★ NeXT Cube ★  

 これは、歴史的名器の NeXT Cube。生物学科の磯野先生から、譲ってもらい
ました。PS File を見たり、Edit したり、プリントアウトしたりするのに超便利。
また、Display Postscript で動作しているので、ドロー系のお絵描きソフトも
PS してて、カッコイイ。

 こんな凄いマシンが、68040 / 16M / HD 660 / MO 256 で動いていること
自体、驚異的。いや、Macintosh の方がハードウェアに頼りすぎて超トロいのか?

 ともかくも、完成度の非常に高いマシン。2001 年に月面で掘り出されるのが
似合っているマシンである。 なお、先日フタを開けたら、中から蜘蛛が出てきた。
Web Object でも入っていたのだろうか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2002. 08. 10 追記: disk 障害にて機能停止。しばらくお休みしてもらう。

2002. 01. 25 追記: 有り難くもプリンターをいただく。プリントサーバーの地位
          に返り咲く。

2000. 07. 7 追記: プリンターは、とりあえず休眠中だったインクジェットで代用。
          なお、cern_httpd_3.0 を停止し Apache 1.2.6 に変更。

2000. 05. 17 追記: プリンターの定着ローラーが故障。(← 解決しました)

2000. 02. 12 追記: httpd_3.0 に Y2K バグがありました。ただ今「Y2K 記念碑」
          として運用中。(パッチ当てた .pkg 転がってないかな〜)

1999. 10. 27 追記: ATM ネットワークに接続、netinfo のトラブルより回復。
          (予定より速い復帰でした、今後も現役サーバー!)

1998. 12. 18 追記: メールサーバー停止。どんどん単純なサーバーへと
          移行中。リチウム電池を交換。

1998. 11. 29 追記: 研究室第五サーバー より、サーバーの座を受け継ぎ
          ました。但し、研究室 Home Page 本体は学科サー
          バーに移動済みです。 現在 DMRG Home Page Server
          として活躍中。
1998. 7.20 追記

 突如電源が落ちる。以後起動不能に。電源部の故障と思って調査してみ
たけど、ヒューズは無事。思い当たる節は....リチウム電池。電圧を計っ
てびっくり、3V と書いてあるのに実際は 1.3V しか出てなかった。これ
はマズい。とりあえず、「禁断の充電」 (危険ですので真似しないように)
でしのぐ。でも、時間の問題なので、電池を発注した。(交換済)

1998. 6.12 追記

 CAP を通じて、その辺の Mac のプリントサーバーとして本格活動開始。
(というか、NextPrinter しかマトモなプリンターが無いというのが現状。)

1998. 5.25 追記

 HTTPd を入れて HTTP サーバーとして試験運用中。

1998. 5. 1 追記

 内蔵 MO ドライブを取り外す。ずいぶん軽くなったな〜。

1997. 12. 26 追記

 有り難くもプリンターのトナーを 5 箱いただく。一日おくれのクリス
マス・プレゼント。


某月某日: サーバーの設定開始。

さて、今度はサーバー機能の設定だ。 CAP を入れて、Mac とディスク
およびプリンターを共有することに成功。もともと NeXT ファンには
Mac ファン流れの人が多いので、この作業は楽だった。


某月某日: 使用を開始。

 さて、メンテナンス項目は --- Printer の給紙ローラー交換、内臓 HD
をハーフハイト 2G Byte と交換、風通しの改善 (熱暴走防止の為)、そして
NeXT Step 2.0E から NEXTSTEP 3.3J への OS アップグレード完了。

 これで、いっちょまえの「プレビュー付き高速 PS プリンター」として
も使える Unix マシンが手に入った。インストールの簡単さは、Linux の
比ではない -- というよりも設計思想が違う。