★ IBM RS6000 Station Model 560 ★  

 新機種・Model 595 の導入により、研究室の主力計算機からサー
バーへと性格を変えた "Risc Station"。アルミ合金製の頑強な Body
により、震災も潜り抜けた老兵。現在、メールサーバー・ファイル
サーバーとして動作中。

 一時、ディスクの 98% が占有されるという異常事態に陥り、システム
ダウンを繰り返したが、「ファイルが消える大事故」に遭遇した後は、
何事もなかったかの様に快調に動いている。コンソールは教授専用。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2001 年 1 月 11 日記す

  計算機室の電源容量が一杯になったので、電気食いのこのマシンは退役。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
1999 年 10 月 16 日記す

  本体に接続の 21 インチカラーデイスプレイの垂直同期がおかし
 くなって、ただ今コンソールは使用不能状態。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
1998 年 12 月 26 日記す

  12 月中旬に、一度 /home 配下の容量が 100% まで占有されて
 いくつかのアプリケーションがダウン。まあ、毎年の恒例行事です
 な、/home/.... の下に file の山が貯まり込むのは。