★ PC9821XP ★ 

●メモリー 8Mbyte・Windows 3.1 という動作状況から、メモリー
 を 72 MByte まで増設し、Windows95 をインストール。その直
 後にシステムダウンし、「ただの箱」となる。PC-Unix 機に改造
 を試みるも、I/O が「NEC 独自の規格」であることが障害に。
 その後、Windows NT 4.0 をインストール、一時4 人で共同利用。
 現在は、Win98 (圧縮ドライブ) で利用中。

●モニターがマルチスキャン 15 インチなのが、玉に傷。 コネクター
 が NEC の古いタイプのものなので、通常の 17 インチモニタは接
 続できない....変換しないといけない。

2001. 10.24 追記: ゲーム禁止令発令により、退役。

2000. 6.12 追記: 低性能がたたって、嫁ぎ先から出戻り。4 年生用マシンとして再出発。

2000. 4.7 追記: 使用していた学生が、理学部内某学科大学院に進学。
        進学先研究室に寄付する。息抜きの将棋専用マシンになるらしい。

1999. 4.26 追記: 結局 Windows 98 をインストール、現役復帰。

1998.11.17 追記: Print Server とすることに決定、FreeBSD 2.2.7 を
        インストール。が、カーネルの構築に失敗。ただ今、
        原因究明中。

1998.9.30 追記: 約 2 カ月間、放棄されてたので、Computer 格納庫に
        回収。次の User が現れるまで、しばし休眠。
        スペックがスペックだけに、永久に休眠するかも....

1998.8.1 追記: さる研究室のスタッフから「お宅の院生は Unix を投げた
        そうですね」と嘲笑を買う。どうやら放棄されたらしい。
        調べてみると FreeBSD で領域確保した後で WindowsNT を
        再インストールしようとしてコケてた。一度領域を解放し
        ないと、アカンやろうな〜。

1998.7.19 追記: M1 の T 氏、本懐を果たして FreeBSD をネットインス
        トール。が、なぜかシングルユーザーモードでしか立ち
        上がらない。これからが Unix の楽しみやな。

1998.6.29 追記: M2 マシンのお下がりとして、今日からは M1 マシン。
        どうせならば、という訳で、NT4.0 を再インストール。
        またネットワークでひと騒動あるな?!

1998.5.22 追記: Aptiva が再修理になったので、NT を再インストー
        ルして、M2 の専用マシンとして続投。

1998.5.20 追記: Aptiva がよみがえったので、近々 M1 に払い下げ
        の予定。

1998.3.25 追記: 研究室のマシンが増えたので、
        ある M2 の専用マシンとなりました。